我が邦においても新型コロナウィルス感染症(COVID-19/SARS-Cov-2)による世界規模での市民生活へのダメージ、経済へのダメージが続いています。現として第二波・第三波とも呼ばれる感染者の急激な増加はPCR検査や抗原検査の処理速度を増加したとしても、その反面で感染率の拡大を招いているという現実もあります。既に罹患されており、入院されないまでも加療を続けていらっしゃるみなさまには心よりお見舞いを申します。

また、SARS-Cov-2に関わる医療・保健に携わり、私どもを未曾有の感染症から防ぐために尽力されているみなさまには、最大限の敬意を表します。今後も苦難に遭遇するであろうこれらの事象に携わるみなさまには心からの感謝の意を表します。

目に見えない敵との闘いに精神を脅かされる毎日ですが、リーグといたしましても、平常の生活を送るべくご努力されるみなさまに対し連帯の意を表します。

感染症は日々新たな局面を迎えています。政府や行政の決定を注視し、私どもも公益財団法人日本サッカー協会や一般社団法人関西サッカー協会などの指針に基づいた行動を進めてまいります。

さて、去る7月15日(水)にリーグ常任運営委員会を実施いたしました。
この席上、最低限ながらもリーグ戦最開スケジュール《Phase-3》における日程について決定をいたしましたので、お知らせいたします。

現時点につきましてもスケジュールが未決となっている試合が2試合ございます。関係各府県サッカー協会施設委員会のご尽力に委ねざるを得ない部分が多くございますが、早急に決定できるよう、リーグといたしましても務めてまいります。

試合開催方式につきましては、先に発表した「COVID-19(新型コロナウィルス)予防に伴うスケジュール変更について《Phase 3-β》(30/05/2020リリース)」に準拠したものとなりますが、一部要項などについては更に議論の必要性があり、継続して常任運営委員により審議し早期の発表といたしたく存じます。

また、改めて、公益財団法人日本サッカー協会/一般社団法人関西サッカー協会、または各府県サッカー協会より6月初頭を目処に試合開催へのガイドラインが発出されました。要項の発表とほぼ同時期に展開し、お客さまにも周知いたしますが、私どもリーグやリーグ所属クラブのみならず、協会派遣レフェリー、社会人連盟派遣マッチコミッショナー、そしてファンのみなさまにも一部適用されるものもございますので、改めてお知らせいたします。

なお、ファンのみなさまにおかれましては、現時点では無観客試合などの異常時の対応は可能な限り避けられるよう努力してまいります。しかしながら、一般開放を行っての試合開催となった場合、入場口の統一と入場口における体温測定、マスクや場合によってはフェイスガードの着用など、そして会場入退場時の手指消毒、トイレでの手洗い励行やハンカチなど手を拭くためのご用意をお願いするなどの対策にご協力をお願い申し上げます。同時に、鳴り物を使っての応援や声を出しての応援については、会場内での飛沫を限りなく少なくする観点からご遠慮いただくなどの配慮をお願いいたします。

また、密集をつくらないためのご協力をお願いする場合もございます。その場合には満席ではないものの、お客様おひとりおひとりの間隔(ソーシャル・ディスタンシング)を設けるため、観客席へのご入場をお断りしなければならないこともございますので、どうぞご了承ください。

リーグ・クラブ双方ともファンのみなさまに可能な限り試合を楽しんでいただきたいと思っております。しかしながら、今後の状況如何によってはこれに加えてご希望に添えない場合も有り得ます。ないに越したことはありませんが、避けられない場合につきましては、もちろん私どもといたしましても周知いたしますし、周知へのご協力をお願い申し上げます。

そして、非常に心苦しいことではございますが、現時点で既にお客さまの入場をお断りせざるを得ない会場がございます。「明石海浜公園(HFA明石)」と「阪南大高見の里」です。事情ご賢察の上、ご来場についてはご遠慮ねがいますよう、伏してお願い申し上げます。

第55回関西サッカーリーグ 日程表(COVID-19/Phase3 ver.0.1)